男女

インターネットで手続き簡単|海外旅行保険に加入してトラブルを回避

全運転者が加入する保険

バイク

免許停止のおそれも

原付バイクを運転する人は、法律の規定にしたがって必ず自賠責保険に加入しなくてはなりません。未加入のまま公道を運転すると、免許が停止になったり、罰金や懲役などの刑が科せられることがあります。原付バイクのための自賠責保険は、四輪自動車等のためのものと同様、対人賠償を補償内容とします。衝突事故等によって第三者にケガを負わせたり、死亡に至らせたりした場合に、保険金が支払われます。保険金の額は一律に定められています。保険料も同様で、離島など一部地域を除いて全国一律です。なお、対物補償が発生した時や運転者自身がケガを負った時、保険金の上限を超える賠償責任が生じた時の補償は行われないため、必要に応じて任意保険に加入することとなります。原付用自賠責保険は、強制保険であるにも関わらず加入もれが発生しやすい保険です。これは、四輪自動車等であれば保険未加入の者には車検証が発行されないのに対して、原付自動車の場合は車検が義務付けられていないため、未加入を意識する機会が少ないことによるものです。こうしたことから、保険会社各社ともできるだけ簡単な手続きで自賠責保険に加入できるような工夫を行っています。現在では多くの保険会社がインターネットからの加入申込みを受け付けているほか、コンビニエンスストアに設置されたマルチ端末で加入手続きを行い、レジで保険料を支払えるサービスを行っているところもあります。保険開始日は申込日から最短で7日後、最長で1か月後です。